厄年について考える

厄年について考える

厄年について考える

昔から、厄年にはお祓いをしないといけないなどと言われています。心配なら厄除けこちらで!

 

厄年はいろんな災いが起こる、厄年に出産すると厄がはらわれるなど言われていますが、そもそもこの厄年とは一体何のことでしょう。ご存知ですか?厄払い←ここから確認

 

厄年とは、災いが降りかかる年と言われ、古くは平安時代からあったものであり、科学的な根拠も何もありませんが、それでも何か起こるのではないかと言われている風習のことです。有名なお寺厄除け 大阪で検索!

 

前厄、本厄、後厄とあり、一番災いが起こりやすいのが本厄です。お探しの情報は厄除け 兵庫←こちらから

 

この本厄は、男性は42歳、女性は33歳であり、身体も中年にさしかかる年齢であるため、男性の場合は、いろいろな病気やけががあったり、仕事でも中間管理職の年齢であり、生活でも大きな変化が起こる時期ですし、女性は子育てや家事などが忙しい時期ですので、このことも関係しているとも言われています。
厄年には、毎年多くの人が、神社などに厄払いに行きますが、関東では千葉神社や川崎大師、関西では八坂神社などが有名です。
祈祷料は五千円から一万ほどですので、気になるようでしたらお祓いをしてもらっても良いかも知れませんね。心配でしたら厄年←こちらで

 


ホーム RSS購読 サイトマップ